国策テーマ株の情報は株マイスターが便利!

国策テーマ株は、国が力を入れている政策ということもあって注目度が高く、長期運用に向いていることから、投資することを考えている人も多いでしょう。ただ、国策テーマ株にも色々な種類があるので、どの銘柄を選べば良いか、効率的に運用すれば良いかなどがわかっていないと失敗するリスクがあります。そこでここでは国策テーマ株とはどんなものなのか、2020年はどんな国策テーマ株の注目度が高いか紹介します。

国策の意味とは

スーツを着た男性

国策とは「国家政策」の略称であり、国家予算を投入して継続的に行われる政策のことを言います。国を挙げて行われている政策であることから、世間一般からの注目を浴びやすい傾向があります。国策テーマ株は特にニュースで取り上げられて一般層からの認知を獲得すると、一気に株価が上昇することが多いので人気も高いです。国策は長期間かけて行われるのが一般的でしょう。そのため、国策テーマ株に関しても、長期運用向けのものが大半となっています。また、政府は行っている政策を国民に説明する義務があることから、国策テーマ株で取り扱っている事業に関しても細かく説明が行われており、一般企業の株式と比べて事業内容がしっかり公表されているという点も良いでしょう。

万が一政策が上手くいかなかったとしてもニュースなどですぐに情報が手に入ることも安心できる点です。ただし、国策テーマ株はニュースで取り上げられて世間からの知名度が上がったタイミングで価格が一気に上昇します。そのため、利益を出すにはできるだけ早い段階で情報を手に入れ、投資することが重要です。乗り遅れてしまうと利益が少ししかでなくなってしまうことから、国策テーマ株への投資は政治・経済の動向をこまめにチェックすることが重要になります。

株マイスターは国策テーマ株に早くから注目

電球のイラストと指

株マイスターが運営するテーマ株に特化した情報配信サイト「テーマ株マイスター」では、2018年頃から国策テーマに注目してきました。国策テーマ株が注目されるようになったのは働き方改革やキャッシュレス決済など様々な国策が行われた2019年頃です。このタイミングで他の投資顧問業者も一気に国策テーマ株に力を入れるようになりました。そのため、株マイスターはいち早くブームに乗ることに成功した投資顧問業者と言えるでしょう。テーマ株マイスターは他の投資顧問業者が国策テーマ株に注目し始めた2019年以降も国策テーマ株に注目しており、国策テーマに関する情報を配信し続けています。そのため、国策テーマ株への投資を考えているならチェックしておきたいサービスと言えるでしょう。

テーマ株マイスターでは、今旬の国策テーマ株だけでなく、1~2年後先を見据えて株価が上がりそうな関連銘柄も紹介されています。先ほど解説したように、国策テーマ株はいち早く情報を把握して将来性を見極めたうえで投資することが大切です。そこでテーマ株マイスターで最新の国策テーマ株に関する情報を把握していれば、国策が世間に周知されて株価が上がる前に、利益が出そうな国策テーマ株を購入できるでしょう。

2020年注目が高まりそうな国策テーマ

それでは2020年はどんな国策テーマが注目を浴びそうなのでしょうか。これに関しては、2020年は新年早々新型コロナウイルスが世界中で話題となっており、収束まで時間を要する気配が強いことから、新型コロナウイルスによって需要が高くなる事業に注目すべきと言えるでしょう。具体的に挙げられる例としては、まずはテレワーク関連です。元々政府は働き方改革の一環としてテレワークを推奨してきましたが、都市部の満員電車は新型コロナウイルスの感染源となりやすいことや、不要不急の外出をしないことを政府が提唱していることから、都市部ではテレワークへの切り替えを進めている企業が増えてきています。それに伴って、テレワークに必要なWeb会議用ソフトなどの導入が進んでおり、テレワーク関連は注目すべきと言えるでしょう。

もう一つ注目すべきなのが製紙産業です。Twitterで個人が「トイレットペーパーが品薄になる」とデマを流したことがきっかけで、全国的なトイレットペーパーの買い占めが発生し、それと同時にキッチンペーパーや箱ティッシュ、生理用品までもが品薄状態になりました。製紙業者が増産しているものの、トイレットペーパーや箱ティッシュの供給は一部の地域ではまだ追いついていない状態なので、今後さらに株価が上昇する可能性が高く、投資する価値のあるテーマと言えるでしょう。

まとめ

テーマ株マイスターは投資顧問業者が運営している情報配信サイトなので、ちょっとした空き時間に会員登録なしで手軽に閲覧することができます。国策テーマ株以外にも様々なテーマ株に関する情報を配信しており、テーマ株投資を考えているならどのテーマ株が今旬なのかを知ることができるので便利でしょう。国策テーマ株に関してもいち早く旬の情報を配信しているのでチェックしてみてください。

アーカイブ